76ersが連敗を4で阻止 エンビードが活躍 ピストンズは7連敗

[ 2017年12月13日 15:22 ]

28得点を挙げた76ersのエンビード(AP)
Photo By AP

 NBAは12日に各地で7試合を行い、76ersは敵地ミネアポリス(ミネソタ州)でティンバーウルブスを延長の末に118―112(前半48―51、延長18―12)で下して14勝13敗。連敗を4でくい止めた。

 腰痛を訴えていたセンターのジョエル・エンビード(23歳)が3試合ぶりに復帰して28得点と12リバウンドをマーク。第4Qの残り14・8秒で巡ってきたフリースローを2本とも決めて同点とし、延長では7得点を稼いで勝利に貢献した。

 ティンバーウルブスは16勝12敗。ジミー・バトラー(28歳)が今季自己最多の38得点をマークしたが延長では3得点に終わった。

 ニックスは地元ニューヨークで延長の末にレイカーズを113―109(前半50―51、延長14―10)で振り切って14勝13敗。クリスタプス・ポルジンギス(22歳)が5本の3点シュートなどで37得点、11リバウンド、5ブロックショットをマークし、マイケル・ビーズリー(28歳)は延長での6得点を含む13得点を記録した。

 レイカーズは10勝16敗。ケンタビアス・コールドウェルポープ(24歳)が24得点をマークしたが、今季初の3連勝を逃した。

 ピストンズは地元デトロイトでナゲッツに84―103(前半40―49)で敗れて7連敗で14勝13敗。試合開始から9分でターンオーバーを8回犯すなど、序盤から精彩を欠いて敗れた。

 ナゲッツは15勝12敗。西地区ノースウエストでは首位ティンバーウルブスに0・5ゲーム差に詰め寄った。

 <その他の結果>

キャバリアーズ(20勝8敗)123―114ホークス(6勝21敗)、ネッツ(11勝15敗)103―98ウィザーズ(14勝13敗)、マーベリクス(8勝20敗)95―89スパーズ(19勝9敗)、キングス(9勝18敗)99―92サンズ(9勝20敗)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月13日のニュース