駒大・工藤、気合の丸刈りでエース復権へ「2区走り見返したい」

[ 2017年12月13日 05:30 ]

箱根駅伝1月2日号砲

<箱根駅伝・駒大練習公開>笑顔を見せる工藤有生(右)と大八木監督
Photo By スポニチ

 駒大の工藤有生(なおき=4年)が気合の丸刈りでエース復権を目指す。2年連続2区を任されているが、先月の全日本大学駅伝では2区で4位と不発。ゴール後、大八木監督から他の選手の前で「うちにエースはいない」などと厳しい言葉を浴びせられたという。

 その後は昨夏から続いていたという左脚の痛みも消えて調子も上向き。前日に寮の風呂場で自ら頭を丸めて気合を入れ「できれば2区を走り、結果で見返したい」と誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月13日のニュース