スパーズのレナードがようやく今季初出場 しかしチームは黒星

[ 2017年12月13日 14:37 ]

今季初出場を果たしたスパーズのレナード(AP)
Photo By AP

 NBAスパーズの大黒柱で昨季25・5得点を挙げていたカワイ・レナード(26)が12日に敵地ダラス(テキサス州)で行われたマーベリクス戦で今季初出場。「右大腿四頭筋腱障害」を克服しての戦列復帰で、16分の出場で13得点と6リバウンドをマークした。最初の2本のシュートを決めるなど出だしは好調。しかし第3Qの終盤になってロッカールームに引き揚げるなど、万全の状態とは言えなかったようだ。

 試合は89―95(前半44―46)で西地区全体最下位のマーベリクスに敗れて19勝9敗。2014年のファイナルでMVPとなったレナードの復帰で勢いがつくかと思われたスパーズだが、連勝は4で止まってしまった。

 マーベリクスは8勝20敗。ベンチから出た控えガードのJ・J・バレア(33)が16得点中14得点を後半に集中させて強敵をなぎ倒した。

 なおスパーズはリーグ全体の首位で10連勝中のロケッツ(21勝4敗)と15日に対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月13日のニュース