サンウルブズ 3トライに光明 相手は昨季3試合連続失トライ0

[ 2017年2月26日 05:30 ]

スーパーラグビー第1節   サンウルブズ17―83ハリケーンズ ( 2017年2月25日    秩父宮 )

<サンウルブズ・ハリケーンズ>前半33分 タックルを受けながらラストパスを出すサンウルブズ・福岡(右)
Photo By スポニチ

 サンウルブズが昨季のプレーオフで3試合連続失トライ0だった相手から3トライを奪ったのは光明となった。

 最初のトライは前半33分で、フランカー、イラウアの突破を起点にロングパスを受けたWTB福岡が左サイドを抜け、インゴール手前でFBフィルヨーンにオフロードパスをつないでトライ。後半最後の20分間はボール支配率でも上回り、同29分には途中出場のフランカー金がトライ。パスを出したSH茂野の好判断に、金は「スペースへ茂野さんが見逃さずにパスしてくれた」と感謝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年2月26日のニュース