ウォリアーズ 24試合を残してプレーオフ進出決める ネッツは16連敗

[ 2017年2月26日 15:45 ]

27得点を挙げ勝利に貢献したウォリアーズのカリー(AP)
Photo By AP

 NBAは25日に各地で8試合を行い、ウォリアーズは地元オークランドで不振のネッツに112―95(前半62―51)で順当勝ち。今季成績を49勝9敗として、24試合を残した段階で全チームのトップを切ってプレーオフ進出を決めた。

 23日のクリッパーズ戦で左手の薬指を痛めたケビン・デュラント(28歳)は欠場したが、ステファン・カリー(28歳)が27得点、クレイ・トンプソン(27歳)が24得点をマークするなど“スプラッシュ・ブラザーズ”が活躍。16連敗を喫したネッツは9勝49敗となった。

 連敗中だったニックスは地元ニューヨークで76ersを110―109(前半60―50)で振り切って24勝35敗。37得点を挙げたカーメロ・アンソニー(32歳)が、1点差を追って迎えた第4Qの残り0・3秒にジャンプシュートを決めて勝利を収めた。

 76ersは22勝36敗。一時17点差をつけられながらも第4Qの残り9秒、今季自己最多の28得点を稼いだジャーリル・オカフォー(21歳)のシュートで逆転したが、最後はアンソニーの一発に泣いた。

 ブルズは敵地クリーブランドでキャバリアーズに117―99(前半55―56)で勝って4連勝で30勝29敗。ドウェイン・ウェイド(35歳)が20得点、9リバウンド、10アシスト、ジミー・バトラー(27歳)が18得点、10リバウンド、10アシストをマークしてチームを引っ張り、1月7日以来となる貯金「1」を手にした。

 キャバリアーズはカイリー・アービング(24歳)が34得点をマークしたものの、チームの連勝は4で止まって40勝17敗。大黒柱のレブロン・ジェームズ(32歳)は病気のため試合を欠場した。ジェームズ不在のゲームでキャバリアーズは通算4勝19敗。今季は4戦全敗となった。

 なおカイル・コーバー(35歳)はこの試合で3点シュートを4本成功。通算成功本数は2014となり、グリズリーズのビンス・カーター(40歳=2011)を抜いて歴代5位に浮上した。

 マーベリクスは地元ダラスでペリカンズを96―83(前半47―49)で退けて23勝35敗。ハリソン・バーンズ(24歳)が19得点、ダーク・ノビツキー(38歳)が18得点を稼いでチームを引っ張った。

 76ersからトレードで移籍してきたセンターのナーレンズ・ノエル(22歳)はベンチから出て30分で9得点、10リバウンド。ローポストでの好ディフェンスで勝利に貢献した。

 球宴に出場したセンター、ディマーカス・カズンズ(26歳)をキングスからトレードで獲得したペリカンズは23勝36敗。カズンズは序盤でのファウルトラブルが影響して12得点、15リバウンドに終わり、新天地での2試合はいずれも黒星となった。同じく球宴に出場したアンソニー・デービス(23歳)は39得点と14リバウンドをマーク。しかしカズンズとのコンビで期待された後半戦ではまだ“ツインタワー”が機能しない状態が続いている。

 <その他の結果>

ホーネッツ(25勝33敗)99―85キングス(25勝34敗)、マジック(22勝38敗)105―86ホークス(32勝26敗)、ヒート(27勝32敗)113―95ペイサーズ(30勝29敗)、ロケッツ(42勝18敗)142―130ティンバーウルブス(23勝36敗)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年2月26日のニュース