白鵬、節目の日に全勝守った!横綱出場回数、北の湖超え歴代最多「819」に

[ 2017年1月14日 17:49 ]

<初場所7日目>玉鷲に張り手を浴びせる白鵬(右)
Photo By スポニチ

 大相撲初場所7日目は14日、東京・両国国技館で行われ、4場所ぶり38度目の優勝を目指す横綱・白鵬は玉鷲を下して全勝を守った。横綱としての出場回数が北の湖を抜き歴代最多となる819回。節目を快勝で飾った。

 白鵬と並び全勝で初優勝を狙う大関・稀勢の里は、栃煌山を一気に寄り切りで倒して7連勝。優勝争いは一騎打ちの様相となっている。

 この日まで3連敗の横綱・鶴竜は結びの一番で隠岐の海と対戦。出し投げで破り連敗を止めた。

 横綱・日馬富士は右大腿の肉離れにより7日目から休場した。大関・豪栄道は4連勝で5勝目。高安、豪風、勢らとともに2敗を守った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月14日のニュース