稀勢 ひさびさ“きめ出し” 大先輩もあっぱれ「完璧だね」

[ 2017年1月14日 05:30 ]

大相撲初場所6日目 ( 2017年1月13日    両国国技館 )

<大相撲初場所6日目>正代をきめだしで破る稀勢の里(左)
Photo By スポニチ

 まわしに手がかからなくても稀勢の里は強かった。先場所土をつけられた正代との一番は、左を差せずに右は抱える形になった。そこから圧力をかけながら相手のすくい投げのタイミングで出て、13年夏場所10日目の琴欧洲戦以来のきめ出し。「集中してやりました。いいと思います」と淡々と振り返った。

 二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津)は「完璧だね。(ここまでの)前半は全部いい」と評価。「全勝が続けば(場所が)盛り上がっていく」と一門の大関に期待していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月14日のニュース