内村 照準は10月の世界選手権 個人総合V7へ気合

[ 2017年1月14日 05:30 ]

第51回テレビ朝日ビッグスポーツ賞 ( 2017年1月13日 )

<テレビ朝日ビッグスポーツ大賞>笑顔で記念撮影する受賞者(前列左から)体操男子団団体・山室、田中、加藤、白井、内村、レスリング・伊調、水泳・萩野、金藤、柔道・ベイカー、大野、田知本(中列左から)カヌー・羽根田、バドミントン・奥原、松友、高橋、室伏、北島、レスリング・吉田沙、登坂、土性、川井(後列左から)ゴルフ・畑岡、陸上・荒井、飯塚、ケンブリッジ、空手・植草、喜友名、荒賀、清水
Photo By スポニチ

 11月末にコナミスポーツを退社し体操界初のプロ選手になった内村はコナミのチームメートと久々に会い、「久しぶりだったんで“あけましておめでとうございます”って感じで話した」と笑った。

 今年の最大の目標は10月の世界選手権(カナダ・モントリオール)。団体が行われないため、個人総合の7連覇に照準を合わせる。「自分のいいところを見せられるようにしたい」と気合を入れていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月14日のニュース