沙羅、初V伊藤の飛行に興奮 次戦へ手応え「この札幌で50勝を」

[ 2017年1月14日 14:12 ]

ノルディックスキーW杯ジャンプ女子札幌大会個人第7戦 ( 2017年1月14日    札幌市・宮の森ジャンプ競技場=HS100メートル、K点90メートル )

高梨沙羅
Photo By スポニチ

 W杯通算50勝まであと1勝としていた高梨。1回目2位からの逆転優勝を狙ったが、2回目で距離を伸ばせず2位フィニッシュ。初優勝を飾った伊藤が2本とも最長不倒となるなど安定した飛行を見せたことから「(伊藤)有希さんに圧倒されて、すごいなと思って。下から見ていて興奮しました」と、勝者を素直に称えた。

 前日の練習では3本いずれも「タイミングが遅れた」と精彩を欠いたが、この日は「きのうよりずいぶんいいジャンプができたので、あすにつながる結果だった」と手応えをつかんだ様子。節目の記録へ。「この札幌で50勝を迎えられるよう頑張りたい」と15日の第2日へ気持ちを切り替えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月14日のニュース