栃ノ心 右膝負傷で休場 松葉づえで「炎症を起こしている」

[ 2017年1月14日 05:30 ]

大相撲初場所6日目 ( 2017年1月13日    両国国技館 )

西小結の栃ノ心
Photo By スポニチ

 西小結の栃ノ心が右膝の負傷で休場した。当初は「右膝外側半月板損傷で休場を要する」との12日付の診断書を日本相撲協会に提出していたが、新たに「右膝関節捻挫で全治まで2週間程度の見込み」との13日付の診断書を提出。5日目の正代戦で古傷を痛めていた。

 休場は14年初場所以来6度目。都内の病院で検査を受けた栃ノ心は松葉づえを突き「じん帯は切れていないが炎症を起こしている。場所前から気になっていた」と述べた。再出場は厳しい状況。今場所の十両以上の休場は初めてとなった

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月14日のニュース