池江が新年初戦 2種目で好記録 16歳長谷川は短水路日本新

[ 2017年1月14日 18:43 ]

 昨年のリオデジャネイロ五輪に出場した競泳女子の16歳、池江璃花子(ルネサンス亀戸)が14日、東京辰巳国際水泳場で行われた短水路(25メートルプール)の競技会で今年初の実戦に臨み、50メートル自由形を24秒58、50メートルバタフライを25秒48で泳いでともに1位だった。両種目とも自己記録まで0秒16に迫る好タイムで「楽しい気持ちで泳げた」と笑顔を見せた。

 池江は年末年始にメキシコで自身初となる高地合宿に挑んだ。9日に帰国したばかりだが「普通に練習はできている」と疲労を感じさせず、力強い泳ぎを披露。7月の世界選手権(ブダペスト)に向け「しっかりメダルを取ることを一番の目標にしたい」と述べた。

 女子200メートルバタフライではリオ五輪代表の16歳、長谷川涼香(東京ドーム)が2分2秒96の短水路日本新記録をマークした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月14日のニュース