ケンブリッジ 所属のドーム退社、プロ活動へ「新たな環境で挑戦」

[ 2016年12月14日 16:11 ]

ケンブリッジ飛鳥
Photo By スポニチ

 リオデジャネイロ五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得したケンブリッジ飛鳥が14日、所属していたドームを同日付で退社したことが発表された。新たな所属先は未定。今後は「プロ」選手として活動する。ケンブリッジは「2020年東京五輪の個人種目でのメダル獲得を目指し、新たな環境で挑戦していくことを決意した」とコメントした。

 ケンブリッジは東京高、日大を経てことし4月にドームに入社した。100メートルでは6月の日本選手権で初優勝し、リオ五輪は準決勝に進出した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月14日のニュース