竹内択18位も前向き「ジャンプ自体は良くなっている」

[ 2015年12月30日 14:35 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は29日、ドイツのオーベルストドルフで伝統のジャンプ週間開幕戦を兼ねて個人第8戦(HS137メートル、K点120メートル)が行われ、竹内択(北野建設)は18位だった。

 ジャンプ週間を「今季一番の目標」と捉えていた竹内は18位。不利な追い風に苦しみながらも「ジャンプ自体は良くなっているのでプラスに考えたい」と前向きな言葉を口にした。

 今季ここまで個人戦は16位が最高と、もどかしい戦いが続く。「1桁順位にぽんぽん入れるようになったら表彰台も見えてくる。ただ、今は表彰台を考えず、やるべきことをやりたい」と足元を見つめた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月30日のニュース