関西学院 圧倒も指揮官「反則が多かった」主将「4強超えたい」

[ 2015年12月30日 14:13 ]

第95回全国高校ラグビー大会2回戦 関西学院57―17つるぎ

(12月30日 近鉄花園ラグビー場)
 関西学院がつるぎを圧倒し、3回戦へ駒を進めた。

 7―7の前半19分に25メートルの左ラックから右に展開し、金森が右中間にトライを決め勝ち越し。安藤昌宏監督は「1回戦(茗渓学園)が激しくて体が動かなかった。反則が多かった」と反省点を述べたが、つるぎのFWの突破を守備で防ぎ、着実に得点を重ねた。

 10年に4強に進出。志智主将は「今のチームで1日でも長く試合がしたい。個人的には4強を超えたい」と一戦必勝の気持ちで、同校の新たな歴史を作ることに意気込んだ。
 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月30日のニュース