京都成章 監督の“出番”なく圧勝「ハーフタイムにしゃべらないなんて…」

[ 2015年12月30日 13:10 ]

第95回全国高校ラグビー大会2回戦 京都成章71―12朝明

(12月30日 近鉄花園ラグビー場)
 京都成章が2試合連続監督の出番なく、圧勝した。

 初戦前のミーティングに続き、この日のハーフタイムも湯浅泰正監督が指示を出す間もなく、選手が活発な意見交換。「ハーフタイムに何もしゃべらないなんて、監督をやっていて初めてのこと。勝って良かったけど、ちょっと寂しかった」と指揮官は本音をポツリと漏らした。

 自立した選手たちが重ねた10トライ。記念枠出場の幸運を生かし、笑って正月を迎えられることになった。

 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月30日のニュース