葛西は5位 フロイントが今季3勝目/W杯個人第8戦

[ 2015年12月30日 03:25 ]

ノックアウト方式の1回目に勝利してVサインの葛西(AP)

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は29日(日本時間30日未明)、ドイツのオーベルストドルフで年末年始恒例のジャンプ週間開幕戦を兼ねた個人第8戦(HS137メートル、K点120メートル)が行われ、葛西紀明(43=土屋ホーム)は合計290・6点で5位だった。セベリン・フロイント(ドイツ)が126メートル、137・5メートルの307・2点で今季3勝目。

 1対1で対戦するノックアウト方式で行われた1回目に127メートルを飛び、全体の8番手で2本目に進んだ葛西は2回目に133・5メートルと距離を伸ばし、順位を3つ上げたものの、表彰台には届かなかった。

 他の日本勢は竹内択(北野建設)が18位、伊東大貴(雪印メグミルク)は24位で、作山憲斗(北野建設)、栃本翔平、小林潤志郎(ともに雪印メグミルク)は2本目に進めなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月30日のニュース