日本、快勝で初勝利 地元タイに3―0 女子ワールドGP

[ 2015年7月4日 20:33 ]

タイを破り喜ぶ日本

 バレーボール女子のワールドグランプリ・バンコク大会第2日は4日、バンコクで行われ、世界ランキング4位の日本は同12位の地元タイに3―0で快勝し、初勝利を挙げた。日本は1勝1敗の勝ち点3。

 前回2位の日本は第1セット、長岡(久光製薬)が勝負どころでスパイクを決めて25―21で先取した。第2セットも25―22で制し、第3セットも25―22で押し切った。日本は5日のバンコク大会最終戦でセルビアと対戦する。

 ▼真鍋政義・日本監督の話(大歓声の中で)選手はよく集中してくれた。勝ててよかった。タイとは身長が同じくらいだし、ブロックでシャットアウトしないと勝利はないと思っていた。セルビア戦も勝ちにこだわりたい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年7月4日のニュース