韓国勢首位 優作、勇太ら3位 セガサミー・カップ第3日

[ 2015年7月4日 15:18 ]

セガサミー杯第3日、通算10アンダーで3位の宮里優作

 長嶋茂雄招待セガサミー・カップ第3日は4日、北海道ザ・ノースカントリーGC(7167ヤード、パー72)で行われ、初日から首位のJ・B・パクと67で回った金亨成の韓国勢が通算12アンダーの204でトップに並んだ。66をマークした宮里優作と岩田寛、池田勇太、今平周吾が2打差の3位につけた。

 2位から出た昨季賞金王の小田孔明は72と伸ばせず小平智、片岡大育らとともに通算9アンダーの7位。今田竜二は74と振るわず4アンダーの39位に後退した。(出場64選手、曇り、気温19・3度、南の風1・2メートル、観衆3165人)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年7月4日のニュース