新大関照ノ富士 精力的に汗、39番申し合い「普通だよ、普通」

[ 2015年7月4日 16:28 ]

大相撲名古屋場所12日初日

 新大関の照ノ富士は4日、名古屋市瑞穂区の伊勢ケ浜部屋で、新小結の宝富士や平幕誉富士と39番の申し合いをこなすなど、精力的に汗を流した。持ち前の力強い寄りを見せるなど圧倒して、33勝。「(調子は)普通だよ、普通」と表情を引き締めた。

 一方、宝富士は夏場所後から、頭をつける相撲を心掛けている。「簡単にできない。すぐ起こされる」と悩ましげ。稽古中には師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)から指導を受けた。新三役は「これができないと横綱や大関には勝てない」と必死だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年7月4日のニュース