“二足のわらじ”ある?NFLのスターQBが野球への挑戦を示唆

[ 2015年7月4日 12:50 ]

シーホークスのQBラッセル・ウィルソン (AP)

 米プロフットボール、NFLのシーホークスに所属するQBラッセル・ウィルソン(26)は2日にテレビのトークライブに出演。同番組内で「考慮には入れているよ」と野球への挑戦をにおわせる発言でファンを驚かせた。

 ウィルソンは4月にも「2つのスポーツをプレーしたいという思いはある。これは自分の夢でもあり、その夢を捨てたくない」とコメントするなど、フットボールと野球の“二足のわらじ”に意欲を見せていた。

 実際、このスターQBはプロ入り前の10年にロッキーズからドラフト4巡目(全体140位)での指名を受け、傘下1Aで二塁手としてプレーしていた過去を持つ。フットボールで成功を収めても、1日限りではあったが、昨年から2年続けてレンジャーズの春季キャンプに参加。野球への思いは強いようだ。

 かつてはボー・ジャクソン、ディオン・サンダースと前例のあるこの“二足のわらじ”。サンダースに関してはホームランとタッチダウンを同じ週に記録し、ワールドシリーズとスーパーボウルの両方に出場した。

 すでにスーパーボウルの優勝リングを手にしているウィルソン。前述の発言は、メディアやファンへのリップサービスかもしれないが、フットボールと野球の2つの優勝リングを手にした史上初の選手というのも見てみたい。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年7月4日のニュース