山西が1万メートル競歩で優勝 陸上世界ユース

[ 2013年7月13日 19:55 ]

 陸上の世界ユース選手権は13日、ウクライナのドネツクで行われ、男子1万メートル競歩は山西利和(京都・堀川高)が41分53秒80で制した。同種目の日本勢優勝は初めて。山下優嘉(富山商高)は4位だった。女子5000メートル競歩は溝田桃子(静岡・伊豆中央高)が22分42秒77で2位に入った。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2013年7月13日のニュース