桐生 日本人初9秒台「狙う」 30日ダイヤモンドリーグ出場

[ 2013年6月30日 06:00 ]

陸上のダイヤモンドリーグ第7戦を前に、海外選手と記念撮影する桐生(右から2人目)

 30日に英国のバーミンガムで行われる陸上の最高峰シリーズ、ダイヤモンドリーグ第7戦の男子100メートルに出場する桐生祥秀(17=京都・洛南高)が29日、海外の強豪選手とともに記者会見に臨み、日本人初の9秒台を「狙っていきたい。挑戦者として一本一本のレースをしっかり走りたい」と抱負を語った。

 外国メディアから「新しいウサイン・ボルト(ジャマイカ)との声もあるが」と問われると「ボルトのように世界で戦える選手になりたい。憧れの選手」と緊張した様子も見せずにしっかりと答えた。海外は初めてで、英国入りした27日は時差ボケがあったというが「もう大丈夫。ワクワクする気持ちが高くなってきた」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年6月30日のニュース