笹田 平均台トップ 母に続く親子での世界選手権代表目前

[ 2013年6月30日 06:00 ]

平均台でトップに立った笹田

体操全日本種目別選手権第1日

 全日本選手権の女子個人を制した笹田は平均台で1位通過し、代表入りに一歩前進した。

 NHK杯で失敗した高難度の入り技を決めたが、台上でバランスを崩す場面が目立ち「入りは良かったけど、ジャンプでぐらついたので30点」と厳しい自己採点。決勝は平均台とシードの段違い平行棒、床運動に出場する。1種目でも優勝すれば、母の(旧姓加納)弥生コーチに続く親子での代表入りに近づく状況に「自分の演技に集中する」と無欲を強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年6月30日のニュース