山県 日本人初9秒台へ闘志 ユニバ結団式

[ 2013年6月30日 06:00 ]

ユニバーシアード夏季大会の日本選手団結団式で、決意表明する主将の山県。右は旗手の西岡

 学生スポーツの祭典・ユニバーシアード(7月6日開幕、ロシア・カザン)の日本選手団結団式が都内で行われ、選手団主将を務める陸上男子短距離の山県亮太(21=慶大)らが出席。

 東京が立候補している20年夏季五輪開催地の決定が9月7日に迫り、「20年の東京オリンピック、パラリンピック実現に弾みをつけるためにも一生懸命頑張ってきます」と決意表明した。短距離界の新エースは、今月上旬の日本選手権を制した後もコンディションをキープ。「自分の走りに集中すれば自己ベストは出るし、ベストが出れば結果もついてくる」と日本人初の9秒台へ闘志を高めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年6月30日のニュース