かろうじて予選突破の上原 第3Rで順位上昇「成長した」

[ 2013年6月30日 15:02 ]

第3ラウンド、11番でパーパットを決め、声援に応える上原彩子
Photo By スポニチ

全米女子オープン選手権

(6月29日 ニューヨーク州サウサンプトンセボナックGC=パー72)
 28日に第2ラウンドを終えていた上原は、通算6オーバーと予選通過が微妙な位置だった。29日朝は順延されていた他の選手の結果を待った。速報にかじりつき、最後の1人がスコアを落として60位ぎりぎりで通過が決定。「うれしかった」と胸をなで下ろした。

 第3ラウンドは厳しいピン位置に驚きながらも4番で7メートル、8番も8メートルと長いパットを沈めて2バーディーを奪い、73で順位は上昇。「3パットがなかった。成長した」と喜んだ。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年6月30日のニュース