小野沢ら35人を選出 VSフィリピン代表の日本代表

[ 2013年4月8日 15:42 ]

 日本ラグビー協会は8日、フィリピン代表と対戦するアジア5カ国対抗第1戦(20日・レベルファイブスタジアム)の日本代表を発表し、歴代2位の代表76キャップを誇るWTB小野沢宏時(サントリー)ら35人が選ばれた。小野沢は元木由記雄が持つ同1位の79キャップにあと3と迫っている。

 学生では全国大学選手権4連覇の帝京大からSO、CTBの中村亮土、同選手権で準優勝した筑波大からSH内田啓介、WTB福岡堅樹がメンバー入りした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年4月8日のニュース