クルム伊達組が優勝、複でツアー通算5勝目

[ 2013年4月8日 17:08 ]

 女子テニスのモンテレイ・オープン最終日は7日、メキシコのモンテレイで行われ、ダブルス決勝で第1シードのクルム伊達公子(エステティックTBC)ティメア・バボシュ(ハンガリー)組が第3シードのエバ・ビールネローバ(チェコ)タマリネ・タナスガーン(タイ)組を6―1、6―4で下し、42歳のクルム伊達は同種目でツアー通算5度目の優勝を果たした。

 クルム伊達はケーシー・デラクア(オーストラリア)と組んだペアで1~2月のパタヤ・オープンを制しており、今季二つ目のタイトル。

 シングルス決勝は第5シードのアナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)が第1シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に4―6、6―2、6―4で逆転勝ちし、ツアー今季初勝利、通算4勝目を挙げた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年4月8日のニュース