遼「ドロー必要なホール攻める」3Wでオーガスタ攻略

[ 2013年4月8日 06:00 ]

マスターズ開幕直前の心境を語る石川

 11日開幕のマスターズに出場する石川遼(21=フリー)が3Wを多用し、コースを攻略する考えを示した。6日は米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGCで練習ラウンド。「去年の攻め方とは違う。ティーショットでドローボールが必要なホールをより(球が)つかまりやすい3Wで攻めたい」と語った。

 昨年までティーショットで3Wを使用したのはパー3を除いた14ホール中3ホール。だが、今年は最多10ホールで3Wを握る。カギは先週から新たに投入したキャロウェイの「X―HOT3deep」だ。ロフト角を前の15度から14・5度にし、5~7ヤードほど飛距離がアップ。1Wより操作しやすく「270ヤードのキャリーがあって状況によって300ヤードいく。自分が欲しいものがきたなっていう感じ」と期待を寄せた。石川が新兵器で活路を開く。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年4月8日のニュース