今季3勝目ならず 馮珊珊「桃子を祝福したい」

[ 2011年11月7日 06:00 ]

健闘をたたえ合う、プレーオフで優勝を決めた上田(奥)と馮珊珊

スポニチ主催USLPGAツアー・ミズノクラシック最終日

(11月6日 三重県志摩市 近鉄賢島カンツリークラブ=6506ヤード、パー72)
 日米両ツアーを股にかけて活躍する馮珊珊は、惜しくも今季3勝目を逃した。

 「ラウンド前から凄い頭痛がして、吐き気もあって食事もできなかった」と振り返ったが、4打差の3位からノーボギーの65とチャージ。16番で上田がバーディーで抜け出した時も、すぐさま17番で10メートルのパットを沈めてしぶとく追いついた。「初めての経験だった」というプレーオフはチャンスをつくれずに敗れたものの「素直に桃子の優勝を祝福したい。今週は彼女の週だった」と勝者を称えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2011年11月7日のニュース