内村 難度上げ3連覇へ「仕上がりはいい」

[ 2011年6月10日 06:00 ]

<NHK杯体操選手権公式練習>内村航平は公式練習を終えリラックスした表情を見せる

NHK杯

 男子の持ち点首位の内村は「代表になるのは当たり前。ミスなく、美しく、着地までまとめる演技を淡々とやれればいい」と話した。

 今季から演技構成の難度を上げた。4月の全日本で2日目に疲れが出るなど、体力面が課題だが「だいぶ慣れてきた。仕上がりはいい」という。代表争いの中、エースだけは個人総合3連覇が懸かる世界選手権を向いている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2011年6月10日のニュース