鈴木 14歳ライバル出現に「負けずにトップを狙う」

[ 2011年6月10日 10:18 ]

女子100メートル平泳ぎを制し、表彰台で笑顔を見せる鈴木聡美(中央)

競泳欧州GPグランプリ第2戦カネ大会最終日

(フランス・カネ )
 女子100メートル平泳ぎの鈴木聡美(山梨学院大)は、最後まで伸びのある泳ぎで進んだ。マーシャル(オーストラリア)に0秒07差で競り勝ち、表彰台では会心の笑顔だった。

 欠場した5月のジャパン・オープンで、14歳の渡部香生子(JSS立石)が平泳ぎ3種目をすべて中学新で制した。年下のライバル出現に、20歳の日本記録保持者は「すごいと思うけど、若い人たちに負けずにずっとトップを狙っていきたい」と対抗心をのぞかせた。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2011年6月10日のニュース