メッシが7度目のバロンドール受賞!自身の持つ最多記録を更新 昨年は史上初の選出中止

[ 2021年11月30日 06:00 ]

7度目のバロンドールを受賞したメッシ(AP)
Photo By AP

 サッカー専門誌フランス・フットボールが選定する世界最優秀選手「バロンドール」が29日に発表され、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)が自身の持つ最多記録を更新する7度目の受賞を果たした。昨年のバロンドールは新型コロナウイルスの影響で選出条件が公平でないとして1956年の創設以来、初めて中止となったため、19年に受賞しているメッシは2回連続の受賞となった。

 メッシはバルセロナで最後のシーズンとなった昨季、リーグ戦30得点で5季連続得点王に輝いたものの、チームは3位に終わり、タイトルはスペイン国王杯のみ。一方で今夏の南米選手権では母国アルゼンチンを28年ぶりの南米王座に導き、自身にとっても代表で初の主要国際タイトル獲得となった。バイエルン・ミュンヘンを昨季リーグ優勝に導き、ゲルト・ミュラーのドイツ1部最多得点記録を49季ぶりに更新したロベルト・レバンドフスキ(33)との一騎打ちとみられていた中、世界最高の選手として健在ぶりを示す受賞となった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月30日のニュース