Jリーグ 来季から収容人数制限なし 声出し応援は引き続き禁止 実行委で合意

[ 2021年11月30日 05:30 ]

Jリーグの村井満チェアマン
Photo By スポニチ

 Jリーグは29日、実行委員会を行い、来季からスタジアム収容人数の制限をなくして有観客試合を行う方針で各クラブと合意した。政府が求める「安全計画」などの手続きを適用。試合会場となる都道府県が申請窓口となり、手続きの詳細は12月中をメドに各クラブへガイダンスを行う。

 また、ワクチン・検査パッケージ制度の活用などを条件に、来季は全公式戦における原則3%以上のビジター席設置義務を復活させる。声出し応援については引き続き認められない。いずれも、感染状況に応じて政府や自治体の指示に従う形となるが、村井満チェアマンは「まずは今季をしっかりと締めくくり、来季へ向けて良い形で臨むことができれば」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月30日のニュース