C・ロナウドがバロンドール主催者に「宣伝に利用した」と怒りの投稿

[ 2021年11月30日 16:52 ]

マンチェスターUのC・ロナウド(AP)
Photo By AP

 マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(36)が29日、バロンドール(世界最優秀選手)の表彰を主催するフランスフットボール誌の編集責任者であるパスカル・フェレ氏を痛烈に批判した。

 26日のニューヨーク・タイムズ紙で紹介された「ロナウドの唯一の野望は引退するまでにバロンドールの受賞回数でメッシを上回ること。彼が私に語ってくれた」という同氏の発言にインスタグラムで反論。今年の表彰式を数時間後に控えた状況で「フェレはうそをついた。私の名前を彼自身と出版物の宣伝に利用した。名誉ある賞の責任者がこのような形でうそをつくなんて受け入れられない。フランスフットボール誌とバロンドールに常に敬意を払ってきた者に対する絶対的な侮辱」と訴えた。

 また、表彰式を欠席することに関しても「再びうそをついた。隔離のためという存在しないで正当化した」と主張。「キャリアで最大の野心はチームや代表のためにタイトルを勝ち取り、プロを目指す選手のいい手本になって、サッカー史に輝かしい文字で名前を刻むこと」と続けた。

 表彰式では今夏の南米選手権でアルゼンチン代表を優勝に導いたFWリオネル・メッシ(34=パリ・サンジェルマン)がバロンドールに選ばれて最多受賞記録を7回に更新。メッシに次ぐ受賞5回のC・ロナウドは6位に終わった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年11月30日のニュース