J2福岡 MF松本のJ初ゴールで首位堅守、8月に広島から加入「役に立てて良かった」

[ 2020年10月25日 20:05 ]

明治安田生命J2第29節   福岡1―0千葉 ( 2020年10月25日    ベススタ )

<福岡・千葉>先制ゴールを決めた福岡・松本
Photo By スポニチ

 前節の町田戦で引き分け連勝が12で止まった首位の福岡は5試合ぶりのホーム戦で千葉に1―0で勝利。15戦無敗とし、勝ち点を59に伸ばした。2位徳島は新潟と引き分けたため、勝ち点差は3に広がった。

 前半10分にDFサロモンソンの折り返しにMF松本泰志(22)が左足で振り抜いて先制した。8月にJ1広島から期限付き移籍で加入した松本はうれしいJ初ゴールとなった。「いいパスをくれた。エミル(サロモンソン)さまさまという感じでした。チームの役に立てて良かった」と喜んだ。

 前半終了間際にDF上島拓巳(23)が負傷交代するアクシデントがあったが、変わって入ったDF三国ケネディエブス(20)がカバー。後半は押し込まれるシーンもあったが、全員で守り切った。松本は「チーム全員で勝ち取った勝利」と振り返った。

 次節はアウェーで磐田と対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月25日のニュース