浦和・汰木、興梠歴代4位155得点目を“アシスト” 4試合連続得点に絡む活躍

[ 2020年10月25日 05:30 ]

明治安田生命J1第24節   浦和3-1C大阪 ( 2020年10月24日    埼玉 )

前半、PKでゴールを決める浦和・興梠
Photo By スポニチ

 浦和のMF汰木(ゆるき)がFW興梠のJ1通算155得点目(歴代4位)を“アシスト”した。

 前半34分、エリア内で倒されてPKを獲得。後半26分にはライン際をドリブル突破し、マルティノスの3点目を演出した。J1初得点を決めた鳥栖戦(10日)から1得点3アシスト。4試合連続で計6得点に絡む活躍に「1つゴールを決め、気持ち的に余裕が出てプレーにも余裕が出て、また気持ちに余裕が生まれる」と話した。興梠は9年連続2桁得点にあと2点と迫った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月25日のニュース