名古屋・相馬“復帰御礼”V弾演出「信頼して起用してくれた」

[ 2020年10月25日 05:30 ]

明治安田生命J1第24節   名古屋1-0仙台 ( 2020年10月24日    パロ瑞穂 )

仙台に勝利し、喜ぶ稲垣(右端)ら名古屋イレブン
Photo By 共同

 名古屋は仙台に1―0で勝利し、連敗を「2」でストップ。決勝点の起点になったのは1メートル65のMF相馬だ。

 後半20分、左サイドでパスを受けると2人のDFを揺さぶり、後方から駆け上がってきたDF呉宰碩(オジェソク)へスルーパス。その流れから最後はMF稲垣が決めた。14日の札幌戦で肋骨骨折が判明。全治3週間と診断されたが、わずか10日での復帰に「いろいろな方がサポートしてくださり、練習日数が少なくても信頼して起用してくれた。日がたつごとに良くなっています」と感謝した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月25日のニュース