鹿島・エヴェラウド、V弾で広島にリベンジ「物凄くいい形で奪った得点」

[ 2020年10月25日 05:30 ]

明治安田生命J1第24節   鹿島1-0広島 ( 2020年10月24日    カシマ )

後半、決勝ゴールを決める鹿島・エベラウド
Photo By 共同

 鹿島は、開幕戦の屈辱を晴らした。0―0の後半31分。縦のロングボールに反応したFWエヴェラウドが、胸トラップで相手ディフェンスに競り勝つと、最後は右足でゴール上へ突き刺した。今季得点ランク単独2位に躍り出る13点目は決勝弾。

 今年2月の開幕戦は0―3で敗れ、直近リーグ5試合未勝利の相手から3年ぶりの白星をつかんだエースは「狙い通り。物凄くいい形でチームで奪った得点」と胸を張った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月25日のニュース