南野、途中出場で攻守に躍動 ポルト・中島は7カ月ぶり公式戦出場 酒井宏はCLデビュー

[ 2020年10月22日 16:34 ]

アヤックス戦でシュートを放つリバプールの南野(AP)
Photo By AP

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)は21日、各地で1次リーグ第1節の8試合が行われた。

 D組で2季ぶりの優勝を目指すリバプール(イングランド)のFW南野拓実は、敵地のアヤックス(オランダ)戦に後半15分から出場。3トップ中央に入ってシュートを2本を放つなど攻守に躍動し、1―0の逃げ切り勝利に貢献した。

 C組でポルト(ポルトガル)のFW中島翔哉は1―3で敗れたマンチェスター・シティー(イングランド)戦で後半32分から出場し、欧州CL初出場。3月以来、約7カ月ぶりの公式戦出場を果たした。5月中旬から8月末までチームを離脱し、現地メディアでは家族への新型コロナウイルスの感染リスクを避けるためと報じられていた。

 同じC組でマルセイユ(フランス)のDF酒井宏樹はオリンピアコス(ギリシャ)戦で欧州CLデビューし、フル出場。DF長友佑都はベンチで出場機会がなかった。チームは終盤に失点し、0―1で敗れた。

 A組でザルツブルク(オーストリア)のMF奥川雅也は2―2で引き分けたロコモティフ・モスクワ(ロシア)戦で後半28分から途中出場した。昨季王者バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)はアトレチコ・マドリード(スペイン)との強豪対決にフランス代表FWコマンの2ゴールなどで4―0と快勝した。

 B組で3季ぶりの頂点を狙うレアル・マドリード(スペイン)はホームでシャフタル・ドネツク(ウクライナ)に2―3と苦杯を喫し、黒星発進。主将のDFセルヒオラモスを欠いた守備陣が前半3失点と崩れた。

【欧州CL21日の結果】
▽1次リーグA組
ザルツブルク2―2ロコモティフ・モスクワ
Bミュンヘン4―0Aマドリード
▽B組
Rマドリード2―3シャフタル・ドネツク
インテル・ミラノ2―2ボルシアMG
▽C組
マンチェスターC3―1ポルト
オリンピアコス1―0マルセイユ
▽D組
アヤックス0―1リバプール
ミッティラント0―4アタランタ

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月22日のニュース