横浜FC・松尾、左肩鎖関節脱臼 全治6~8週間 ルーキー離脱に下平監督「痛い」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

横浜FC・松尾
Photo By スポニチ

 横浜FCは、東京五輪世代のMF松尾が左肩鎖関節脱臼で全治6~8週間と診断されたと発表した。

 14日の仙台戦で負傷し、20日に手術を受けた。今季は20戦に出場し、チーム最多の7得点をマーク、U―23日本代表を兼任する森保監督も注目する存在に成長。下平監督も「痛いのは痛い。システム変更も考えつつやっていきたい」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月22日のニュース