横浜・渡辺、決勝弾で3試合ぶり白星「残り全部勝つつもりで」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

明治安田生命J1第33節   横浜2-1名古屋 ( 2020年10月21日    日産ス )

後半、ゴールを決め喜ぶ横浜・渡辺
Photo By スポニチ

 東京五輪世代の横浜MF渡辺が3試合ぶりの白星へ導いた。

 1―1の後半35分、DF小池のパスにダイレクトで左足を合わせ、中央から左のネットを射抜いた。「パスが来る前から打とうと決めていた。想像よりうまくいきすぎた」。18日にリーグ連覇が消滅し、仕切り直しの一戦。前節は先発8人を入れ替えて前半からペースを握り、上位を倒した。天皇杯出場圏の2位C大阪まで勝ち点差は7で、渡辺は「残り全部勝つつもりでやっていきたい」と猛追を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月22日のニュース