審判の判定ミス 久保のプロ初退場取り消しを発表

[ 2020年10月22日 05:30 ]

18日に行われたバレンシア戦の後半、2度目の警告を受け、退場するビリャレアルの久保(左端)(共同)
Photo By 共同

 スペイン協会は21日、ビリャレアルのMF久保建英が18日のバレンシア戦で受けた2枚目の警告を取り消すと発表した。

 クラブの抗議を受けて、競技委員会はビデオ検証で「(久保が)最初のボールに触っており、接触は避けられなかった」と裁定。審判の判定ミスとして警告を取り消した。これで久保のプロ初退場処分は消え、次節カディス戦(25日)に出場が可能となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年10月22日のニュース