仙台、クラブ緊急募金の中断を発表 不祥事受け「反省の意をお示しいたしたく」

[ 2020年10月22日 13:54 ]

20日に記者会見を行ったJ1仙台の菊池秀逸社長(中央)ら
Photo By スポニチ

 仙台は22日、先月26日から開始していた「クラブ緊急募金」を中断すると発表した。

 クラブ公式サイトで「この度の当クラブ選手の不祥事につきましては誠に申し訳なく、ご支援いただきました皆様に心からお詫びを申し上げます。今回の事態を真摯に受け止め深く反省の意をお示しいたしたく、9月26日よりスタートいたしましたクラブ緊急募金の募集を中断することといたしましたのでお知らせします」と記載した。

 新型コロナウイルスの影響による入場料収入の減少などが響き、今期末は3億800万円の債務超過に陥る見通しで、先月26日から「クラブ緊急募金」としてクラウドファンディングを開始していた。

 仙台は元所属選手(26)が交際女性への暴力行為で逮捕されたとの週刊誌報道を受けて、同選手との契約を解除。20日に菊池秀逸社長(68)らが記者会見を行い、謝罪した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月22日のニュース