ロストフ橋本 移籍後初の2ゴールで逆転勝利貢献、出場7戦4発の活躍

[ 2020年9月27日 22:32 ]

ロシア・プレミアリーグ   ロストフ3―2トゥーラ ( 2020年9月27日    トゥーラ )

橋本拳人
Photo By スポニチ

 ロストフの日本代表MF橋本拳人(27)が、移籍後初の2ゴールを挙げて、チームの逆転勝利に貢献した。

 27日、アウェーのトゥーラ戦で3試合ぶりに先発し、フル出場。1―1に追いついて迎えた前半40分、右クロスを頭で合わせて勝ち越し点を決めた。さらに前半アディショナルタイムのCKで、こぼれ球に素早く反応し、右足でゴールネットを揺らした。

 7月にJ1FC東京から加入した橋本は既に2ゴールを挙げており、出場7試合で4ゴールと活躍。FC東京時代は2017年のリーグ戦5得点が自己最多だったボランチが、新天地ではインサイドハーフでも起用されて決定力という新たな能力を発揮している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月27日のニュース