川崎Fが声明 サポなりすまし、SNS誹謗中傷投稿に「断罪されるべき」

[ 2020年9月22日 05:30 ]

 川崎Fは21日、実在する同クラブのサポーターになりすまし、SNS上で他クラブや選手への差別的な表現や誹謗(ひぼう)中傷する投稿が散見されているとし、「弁解の余地はなく断罪されるべきだ」と厳しく批判する声明を発表した。

 声明では「これ以上の被害の拡大を防止するためにも注意喚起だけでなく、直接的・具体的な対応が必要」と、顧問契約を結ぶ弁護士事務所と対応を検討する調整に入ったことを明らかにした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月22日のニュース