長友、ホロ苦い仏デビュー「反応と体の切れしっかり戻していきたい」

[ 2020年9月22日 05:30 ]

フランス1部   マルセイユ1-1リール ( 2020年9月20日 )

リール戦に先発し、加入後初出場を果たしたマルセイユの長友(共同)
Photo By 共同

 8月にマルセイユへ加入した日本代表DF長友は左サイドバックで先発して新天地デビューを果たし、後半15分までプレーした。

 公式戦の出場は約9カ月ぶりで、後半2分にはマッチアップした相手にかわされ失点に絡むなどほろ苦いデビュー戦となった。「フランスは個人能力が高い選手ばかりなのでサイドの対応は難しい。反応と体の切れをしっかり戻していきたい」と今後に向けて課題を挙げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月22日のニュース