神戸・フィンク監督が退任 後任未定でビベスコーチが暫定監督

[ 2020年9月22日 17:24 ]

神戸・フィンク監督
Photo By スポニチ

 神戸は22日、トルステン・フィンク監督(52)が退任することを発表した。本人の意向を受けて退任となり、クラブ広報は「家族の事情」と説明。あす23日の鳥栖戦(ノエスタ)はマルコス・ビベスコーチ(45)が指揮を執る。

 セバスチャンヘッドコーチ、モラスアシスタントコーチ、ニコラフィジカルコーチは契約解除となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月22日のニュース