ポルトガル1部リオアベ食野が開幕戦で移籍後初得点

[ 2020年9月21日 12:06 ]

食野亮太郎
Photo By スポニチ

 ポルトガル1部リオアベのFW食野亮太郎(22)が移籍後初出場初ゴールを挙げ、勝ち点1奪取に貢献した。リーグ開幕戦となった敵地トンデラ戦。1点を追う後半41分に投入されると、見せ場はアディショナルタイムに訪れた。

 敵陣中央で味方がタメを作り、食野はDFラインと駆け引きしながら左サイドをフリーラン。パスを引き出すと絶妙なワンタッチでシュートコースを作り左足を振り抜いた。GKの脇下を抜けてネットに突き刺さる豪快な1発。喜びを爆発させ、チームメートからも手荒い祝福を受けた。

 今夏、マンチェスターCから2年間の期限付き移籍で加入。今季は「数字へのこだわりとかノルマは特にありませんが、少なくとも2桁は取らないといけないと思っています。結果として2桁得点2桁アシストしたらどこのクラブにも目が留まるし、そこは意識してやりたいですね」と目標に掲げる。その第一歩目として、新天地デビュー戦で結果を残したのは大きい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月21日のニュース