浦和がSNS上での差別的、誹謗中傷的な投稿について声明「絶対に許すことはありません」

[ 2020年9月21日 19:16 ]

浦和がプロフィール画像を変更(レッズ提供)
Photo By 提供写真

 浦和は21日、「SNSにおける差別的、誹謗中傷的な投稿について」と題した声明を公式サイト上で発表した。またクラブからステートメントを発表する際、投稿に合わせてSNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、YouTube)アカウントのプロフィール画像も差別の撲滅を訴えるものに変更した。

 以下、全文。

 前日20日の川崎F戦後、SNSにて弊クラブ所属選手に対する差別的発言や誹謗中傷を伴う看過できない発信を確認しました。

 ここ数節、川崎Fの対戦相手に対し、同様の投稿が為されており、川崎Fサポーターのアカウントを利用した成り済し行為と思われます。浦和レッズだけではなく、Jリーグ全体に対して悪意のある行為です。浦和レッズとしては弁護士にも相談の上、今後の状況によっては法的措置も辞さない考えです。今後もいかなる差別的、侮辱的な行為や言動、SNS等での発言も絶対に許すことはありません。

 これからも浦和レッズの理念、差別撲滅宣言、SDGsのビジョン、提携する国連の友アジア―パシフィックと共に策定した差別撲滅に向けたアクションプログラム(行動計画)に基づき、浦和レッズは継続して、差別撲滅に向けて取り組み続けていきます。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月21日のニュース