大分“絶好調男”田中達が3戦連発!今季初の3連勝 片野坂監督「ベストパフォ出し続けている」

[ 2020年9月21日 05:30 ]

明治安田生命J1第17節最終日   大分1―0横浜FC ( 2020年9月20日    昭和電ド )

<大分・横浜FC>3試合連続ゴールとなる先制点を決めた大分・田中
Photo By スポニチ

 大分の絶好調男・MF田中達也(28)が3試合連発となる決勝ゴールを決め、チームを今季初の3連勝に導いた。

 コロナ禍からのリーグ戦再開後、最多となる6105人の観客に勝利をささげた。一進一退の攻防が続いた前半38分、田中達は町田からのパスに反応。前線の三平、伊佐、町田が流れるようなワンタッチパスでつないだボールを右足でゴールに叩き込んだ。貴重な先制点は自身3戦連発、チームトップとなる今季6得点目。「大分らしい形で得点を取ることができている」と胸を張った。

 さらに前半41分、放ったシュートが相手のハンドを誘いPKを獲得。自らキッカーを務めたが、ゴール左下を狙ったシュートは相手GK六反に完全に読まれてしまった。片野坂知宏監督は「蹴る時に僕も不安な部分があったが、案の定、外した」と予感が的中したことに苦笑い。田中達も「PKを決めていればもっとチームを助けられたのに、苦しい試合にしてしまい申し訳ない」と頭をかいた。

 得点した3戦で3連勝。「結果に結びつくのはうれしい。ゴール、アシストでチームを助けていきたい」とさらなる貢献を誓った。

 ストライカーではないチーム得点王の活躍に指揮官も「スピード、仕掛け、田中のベストパフォーマンスを出し続けてくれている」と高評価。次戦も4戦連発で4連勝を狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月21日のニュース